営業時間 / 10:00~20:00
定休日  / 毎週火曜日 他不定休

お電話でのご予約お問い合わせはこちらまで TEL 0985-61-1720

ブログ

  • 初心にかえる

    2015.06.02

    140_1

    今日いらっしゃった中学3年生のお客様。

    中学生になる少し前から担当させて頂いていて、もう4年ぐらいかな?

    どちらかというと少しおとなしめというか、あまり美容室とか好きな方ではないのかな?といった印象のお客様。(まぁ僕も普段、尋常じゃないぐらい人見知り&場所見知りなので、そういう方の気持ちは痛いほどわかる。分かってるつもり)

     

    いつも会話を交わすのはカウンセリングの時ぐらいで、あとは黙々と切る。ひたすら切る・・・。

     

    というのをずっと4年近く、お互いの距離も変わることなく続けてきたわけなんですが、今日、お店をオープンしてから初めて来てくれまして

    「お久しぶりです」とあいさつもそこそこに、今日のヘアスタイルもある程度決め、シャンプーをして、僕はまた今までと変わらず黙々とカットをしてたわけです。

     

    ・・・が、その子が突然、

     

     

    「美容師、楽しいですか?」と。

     

    僕は内心少し驚きつつも、

    「すごい楽しいですよ」と。

     

    すると、

    「私、美容師になりたいんです。。。」

     

    思わず手を止めて、
    「へぇ~!いいじゃないですか!僕が言うのもなんですけど、すごくオススメですよ~。」

     

    「あの・・・・・・色々質問してもいいですか?」

     

    「もちろんもちろん!なんでも聞いて下さい♪」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    それから、この4年あまりがウソのように色々お話をしまして。
    質問されたりしたり。

    なんで美容師になったか、辞めたいと思ったことはないか、手荒れはどうか、どんなことをしてたほうがいいか、などなど。

    本当に色々お話をしまして。

     

    カット終わってお見送りの時も、また少しお話して、
    「またなんでも聞いて下さいね~」
    なんか言ってみたりなんかして。

     

     

    ・・・で、何が言いたいかというと、そのお客様がお帰りになった後に1人で色々考えてたら、
    (中学3年生っていったら、ちょうど自分も美容師になろうって決めたのがそのぐらいだったなぁ。今日色々聞いてきてくれた事なんか、あの時の自分も疑問に思ってた事ばっかりだったなぁ。)
    なーんて思いまして。

     

    なんか最近、お店をオープンさせてからというもの、まぁ仕方ないのかもしれませんが、毎日色んな業務、雑務などなどに追われ、あの当時、ちょうど自分が中学3年ぐらいの時に思ってた、なんというかキラキラとした、何が何でもやりたい!!みたいな純粋な気持ち!!・・・なーんか忘れてたなぁとしみじみ。

    生き生きとお客様担当できてたかな?、と。

    それはもちろん、お客様の前ではプロなので、表には出してませんが。

     

    やっぱり初心忘れたらダメですね。なんでこの仕事を続けてこれたか、なんでプライド持って美容師してます!って言えるか。

     

    そんな事を思いださせてもらった本当に貴重で素敵な時間でした。

     

    H様、本当にありがとうございました!応援してます!

    そして、15年前の夢と不安の葛藤真っ最中の自分!
    「大丈夫!!お前は15年後、今のお前と同じ気持ちでいる子に、ドヤ顔で色々美容師っぽいこと言ってたぞ!」

    164_1

BACK NUMBER
2019. 09. 16
上京物語1
2019. 09. 11
ちゃんとしていきまーす
2017. 10. 08
撮影にて📷
2017. 09. 09
夏!!!
2017. 04. 05
定休日について

月別アーカイブ

page top